求人広告のご出稿。採用活動のサポート、ご相談。最適な採用手法のご提案など、人材確保のあらゆる場面で、グッドニュースが貴社をお支えします。

コラムcolumn

使命感から広がる大家族主義経営 ~はるかぜの事例~ PART2

人が集まる会社/2017.11.21

facebook Twitter

“介護の現場での「ありがとう」は、他の業種での「ありがとう」とは重みが違うように思えました。
そして、辛い経験と真摯に向き合い、「最期の瞬間まで価値あるサービスが提供できるのか?」というホスピタリティの追求をする事が、成長へと繋がっていくという事なんですね。”

みんなの思いをつなげる「サポートの心」

“訪問させて頂くと、スタッフの皆様が、いつも笑顔が絶えない印象がありますが、皆様なぜそんなに元気なのですか?”

三浦さん:『「はるかぜ」は1階がデイサービス施設となっています。
毎日デイサービスの利用者様がいらっしゃるのですが、この利用者様とスタッフが本当の家族のように仲良く、いつも笑顔が絶えないアットホームな雰囲気です。
そんな笑顔の絶えない雰囲気が、「はるかぜ」全体に伝わり、一人一人の活力になっていると思います。』

“利用者様を本当のご家族のように思われる皆様の気持ちが、「はるかぜ」全体の雰囲気を和やかにされているのですね。
現在中学生と小学生お子様がいらっしゃる三浦様ですが、仕事と育児との両立は難しくないですか?”

三浦さん:『社長が率先して子供の事を優先して考えてくれるので、お互いに、「子供がいる環境をフォローしあう」という社風ができています。利用者様に迷惑が掛からないよう、スタッフの子供さんに何かあった時は、早く帰る人を、周りがサポートします。「はるかぜ」は、スタッフがほぼ女性です。子育てを経験してきた、または子育て中の女性同士だからこそ、順番にフォローし合える環境ができています。
お互いの家族が、本当の家族のような存在になっているのだと思います。』

“お互いに悩みを共有し困ったときにサポートしあえる「仲間」であり「家族」という存在って良いですね。”
“満薗社長にとって、利用者様や社員の皆様はどんな存在ですか?”

満薗社長:『利用者様やその家族、社員そしてその家族も、共に歳を重ねて行きたいと思っています。
介護の期間が長くなると、一番つらいのはご家族なんです。だから何よりもご家族を支えてあげる事が大切だと思います。病院でなく住み慣れた家で看取ってあげたいと思うご家族を、私たちは全力でサポートをします。』

満薗社長『また、社員の子供のことも、社員だけの問題ではなく「はるかぜ」全体の問題として捉えるようにしています。協力できる環境づくりをすることで、子育て中の社員も働き続ける事ができるんです。』

“社長にとって、「はるかぜ」に関わるみんなが「家族」という思いがあるから、社員にとっても利用者様や働く仲間が「家族」のような存在になっているのですね。”

コラムの一覧

お問い合わせ

お問い合わせ

サービス内容や取り扱いメディアについてなど、
お気軽にお問い合わせください。

詳細を見る
PAGE TOP