求人広告のご出稿。採用活動のサポート、ご相談。最適な採用手法のご提案など、人材確保のあらゆる場面で、グッドニュースが貴社をお支えします。

コラムcolumn

建設業における外国人雇用

外国人の雇用/2017.10.25

facebook Twitter

 ひとことに建設業と言っても、業務内容や形態は多岐にわたりますので、実際には個別の判断となってしまうのですが、1つだけ共通していることは、やはり現場作業ではビザはもらえません。原則的に事務所で行う業務というイメージです。

 加えて、本人の学歴か職歴も要件となってきます。例えばCAD設計を行う場合、設計関係の大学を出ていれば良いのですが、大卒出ない場合は10年の実務経験があればクリアすることができます。

■今回のまとめ
 このように、建設業で就労ビザを取るのは狭き門となっていますが、外国人材を活用できる場面はあります。御社でも採用を検討してみてはいかがでしょうか。

コラムの一覧

お問い合わせ

お問い合わせ

サービス内容や取り扱いメディアについてなど、
お気軽にお問い合わせください。

詳細を見る
PAGE TOP